FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

辻留料理塾の看板を熊谷守一先生が

毎月火曜日水曜日午前午後4クラス、辻留料理塾を開催しております、スケジュールはお問い合わせください、二時間ご説明しながら作るところを見ていただき、その後コースを召し上がっていただくクラスです、毎年少しづつ献立を変えております。辻留料理塾スタート当初、熊谷守一先生に看板を書いていただきました、ずっとしまってありましたが、来月からまたお出ししようかなーと思っております!これがその看板のメモ、熊谷守一先...

続きを読む

私の思い!をインタビューしていただきました、

懐石料理とは、一碗のお濃茶を美味しくいただくための粗飯、茶事の時の料理です。お茶事は楽しい。一生かかっても勉強の茶の湯、日本の和の心がぎっしり詰まっています。そんな心を伝えたい気持ち、を、聞いていただくチャンスがありました、とても素晴らしくまとめていただきました。これからも頑張ります!●記事をご覧になりたい方はこちらから...

続きを読む

母校の高校生のお茶会のお手伝い

梅が満開の新宿御苑、この時期毎年、母校の高校二年生をお迎えして、学校と卒業生がご奉仕して、茶会を開催しております。新宿御苑には素晴らしい茶室があるんです。薄茶席へ、きちんとお扇子を前におきお辞儀、お軸を拝見して先に着く、校章の楓のマークが入った茶碗とお菓子で!濃茶席にはにじり口から入ります、本格的です!お軸も毎年、席主の卒業生の持ち寄りです。今年の点心席のお軸、学校カラーのガーネット色の表装、「義...

続きを読む

エレガントなお席主のエレガントな女子茶会

何十年生きてきて、一番のお雛祭りでした。エレガントで、美しい物へのこだわりがあり、真面目で、茶の湯が大好きな、モデルさんのようなステキな方の初お席主をお手伝いさせていただきました。しつらえを全てお持ち込みいただき、弊店がエレガントに変身しました。まずは寄り付きで香煎ではなくシャンパン!お会記もおしゃれ、煙草盆もステキすぎです、そして本席へ、綿密な打ち合わせの元、粛々とお点前を、そして、懐石へ、自立...

続きを読む

相国寺青山別院

この一週間、梅みごろでした、桜の一ヶ月前の控えめな梅、この梅を愛でる茶会が毎年青山で、金閣寺銀閣寺は、相国寺の塔頭、塔頭の方が有名でしょうか、、その相国寺東京別院が青山に、有馬頼底猊下の茶会です、今年は満開のお雛祭りデーでした、ところどころに梅をです、お雛様と梅で素晴らしい茶会でした、いつもご用命いただき感謝です、有馬頼底猊下は、父 辻義一と同じ年、昔から仲良くさせていただいておりました、いつもパ...

続きを読む

プロフィール

辻留

Author:辻留
初代、辻留次郎が裏千家の家元に手ほどきを受け、京都に店を構えたのが辻留の始まり。茶道裏千家より出入を許される、懐石料理の名門です。その深い味わいを引き出す術は、明治時代から三代にわたり、現在の辻留主人・辻義一氏に引き継がれています。

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。