FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の辞書


懐石料理、茶の湯の文化、学んでも学んでも学びきれない程、深く広い世界です。

最近はスマフォでなんでも調べられる、が、私はしょっちゅう、この一冊にお世話になっております、


20180520064204ea2.jpeg


祖父の著書、まさに辞典です、


201805200648474cf.jpeg


20180520064914f4d.jpeg


奥村土牛先生のタイトルと挿絵、

20180520065008737.jpeg


はじめに、の、連盟のサイン、
この時代に立ち会ってみたかった、と、想像を膨らませます、


今週、上海外国語大学の日本語専攻の学生さんに、
「日本人の茶懐石によるおもてなしとマナー」
と題しての講義のチャンスをいただきました。
一昨年に引き続き二回目、楽しみでもあり私自身の勉強にもなっております、

茶の湯の文化、懐石料理のおもてなしの心を少しでも伝えられるよう、行ってきます!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻留

Author:辻留
初代、辻留次郎が裏千家の家元に手ほどきを受け、京都に店を構えたのが辻留の始まり。茶道裏千家より出入を許される、懐石料理の名門です。その深い味わいを引き出す術は、明治時代から三代にわたり、現在の辻留主人・辻義一氏に引き継がれています。

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。