FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光悦会様

日本で一番の茶会と言われている、光悦会様に先週の日曜日、叔母と伺いました。
祖父辻嘉一が会員にさせていただき、父辻義一か引き継ぎさせていただいております。
鷹ヶ峰にあります光悦寺で。




京都は朝昼の気温差が激しいです、それがこの紅葉を生み出しているんでしょう!三条花見小路にあります弊店本店は昔ながらの家、一ヶ月前くらいから朝晩は寒いです!



有名な光悦垣、たくさんの著名な絵描きの方の題材となっています。

本阿弥光悦はもちろんのこと、どんな偉人がここを訪れたのか想像するだけでワクワクいたします。
そんな偉人達の作品が茶席で間近で拝見させていただける、そして茶碗など触らせていただける、こんな茶会はやはり光悦会様だけでしょう。京博の国宝展なみです!

偶然にたくさんの方々にお会いすることができ、叔母と楽しく一日お勉強いたしました。三条の店を出発して帰店したのが八時間半後、そんなに待ち時間もなかったのに、それだけじっくり拝見させていただきました。お菓子もそれぞれのお席で最高の一品。

点心は瓢亭様、光悦が作品に向けて想像力を高めながら見ていた同じ山々を見ながら美味しく頂戴いたしました。なんと贅沢な時間なんでしょう。



叔母とぱちり。

昔お勤めしていたA社の元社長様とも偶然お会いできたり、お久しぶりの方々ともお会いできたり。
また来年どんなお道具に出会えるのか、もうすでに楽しみです。その前に復習復習。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻留

Author:辻留
初代、辻留次郎が裏千家の家元に手ほどきを受け、京都に店を構えたのが辻留の始まり。茶道裏千家より出入を許される、懐石料理の名門です。その深い味わいを引き出す術は、明治時代から三代にわたり、現在の辻留主人・辻義一氏に引き継がれています。

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。