記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国宝@京博



毎月、月末日に京都にきております。

三期の初日夕方に京博へ。平日夕方おすすめなのかもです。すんなり入れました。

まずはこれ。



金印。こんなに小さい国宝がどこで誰の手で作られ、長い歳月どこで眠っていて、そしてどのように発見さ」たのかを想像するだけでわくわくします。ピカピカ光ってました。



源頼朝。日本史の教科書で誰もが通るこの肖像画。意外に大きかった。が、イヤホンガイドによると、なんと、本人じゃないかも説もあるそうです。歴史って奥が深い、それを証明していく現代の技術って素晴らしいです。

国宝一つ一つにそれぞれドラマあり、数時間では全く足りませんでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻留

Author:辻留
初代、辻留次郎が裏千家の家元に手ほどきを受け、京都に店を構えたのが辻留の始まり。茶道裏千家より出入を許される、懐石料理の名門です。その深い味わいを引き出す術は、明治時代から三代にわたり、現在の辻留主人・辻義一氏に引き継がれています。

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。